ブックメーカーで失敗してマイナスになる人の特徴

 

ブックメーカーでプラスに安定的にできている人よりも、

 

マイナスになってしまうという人の方が多いです。

 

正しいやり方で賭け続けていれば、マイナスになるということは

 

まずありえないはずです。

 

では、なぜブックメーカーで失敗してしまうのか?

 

負け続けで元金を減らしてしまう人の特徴を考えてみました。

 

ブックメーカーで負ける理由

 

ギャンブルになっている

 

ブックメーカーで負ける人は、間違いなくギャンブルになってしまっている人です。

 

それが勝てるノウハウでやっていたとしてもです。

 

期待値どおりに賭け続ければ、

 

プラスになる賭け方というのは様々なスポーツにあります。

 

利益を常にプラスにできている人は期待値に沿って

 

ブックメーカーを投資としてやれている方です。

 

しかし、人間というのはお金が増減する事には心が大きく動かされるものです。

 

例え、プラスになるはずのノウハウでやっていたとしても、

 

稼ぎたい・取り返したいという欲が出てきて、ルールから逸脱した

 

ものに賭けてしまうことがよくあります。

 

ノウハウとは全く関係のないものに賭ければ、それはギャンブルになるので

 

トータルでは負けるに決まっています。

 

心を冷静に保ちながら、期待値どおりに淡々と賭け続けられない人は

 

間違いなく負けます。

 

安定的にプラスにできていて、遊び感覚で適当に賭けることはあっても

 

いいですけどね。

 

ブックメーカーで勝ちたいなら単なるギャンブルになってはダメです。

 

同じ失敗を繰り返している

 

ブックメーカーで稼ごうとやっている方は恐らく、

 

何らかの賭け方に絞ってベットをしていると思います。

 

もし、50回、100回と賭けていても一向にプラスにならないなら

 

それは間違っているということです。

 

そもそもノウハウとして欠陥があるやり方なのか、

 

試合の選定をミスっているかは分かりません。

 

いくら同じことをやっても勝てないなら、失敗を繰り返して

 

しまうだけなので、違う方法を考えた方がいいです。

 

同じ失敗を何度も繰り返すなら、逆のことをやればうまくいく

 

こともあります。

 

勝てないノウハウでやっている

 

根本的な負ける原因として、勝てないノウハウでやっている

 

人が多いと思います。

 

特に低オッズで稼ぐやり方は負けやすいパターンです。

 

一回の賭け金を少なくとも何万円単位にしなければ、

 

それなりに利益を出すことができません。

 

すると、勝率が高くてもビクビクしてしまいますよね。

 

それに、コツコツ増えても1回の負けで全てパーになってしまう

 

ので、結局はマイナスになりやすいです。

 

低オッズは勝率を100%近く維持しないと利益にはなりません。

 

ブックメーカーで資産を増やす理想はやはり高オッズで高い勝率を

 

維持することです。

 

いくら挑戦してもブックメーカーで増やせないなら、賭け方を

 

見直してみてはどうでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください