【初心者必読】ブックメーカーで儲けるコツ

 

ブックメーカーをやっていて思うのが、

 

ブックメーカーで儲けるコツというのはあるなと思います。

 

普段自然に考えてやっていることなので、

 

僕にとっては当たり前のことなのですが、

 

ブックメーカーで稼げていない初心者の方にとっては意識はしていないことかもしれません。

 

そこで、ブックメーカーで儲けるためのコツについて初心者向けにまとめてみました。

 

ブックメーカーで毎月利益を出すコツ

 

稼げないうちはスポーツは1つに絞る

 

ブックメーカーでは、様々なスポーツに賭けることができるので、

 

3つ4つのスポーツに賭ける方もいます。

 

ノウハウがしっかりとできていて、

 

安定的に稼げているという人なら問題は特にありません。

 

しかし、大抵の場合は全てが中途半端で、

 

ろくに利益を出すことはできません。

 

個人的には、まずは1つのスポーツに絞り、

 

そのスポーツの試合の流れなどを読み取る観察眼を養っていった方がいいと思います。

 

実際に、私はサッカーだけにスポーツを絞っていて、

 

極めているからこそ利益を出せています。

 

色々手を出してしまうのではなく、

 

まずは1つのスポーツで稼ぐことができるように

 

時間とお金を割いていきましょう。

 

そうすれば、試合の流れが手に取るように理解でき、

 

予想の的中率も大幅に分かってきます。

 

自分に合った賭け方を見つける

 

サッカー、テニス、野球、バスケなどいくつものスポーツに分かれ、

 

更に賭け方も沢山あり、ブックメーカーで稼ぐ方法って無数にあります。

 

巷で有名なオーソドックスな賭け方もいくつかありますが、

 

それらが必ずしも自分に合った賭け方というわけではありません。

 

低オッズのもので勝率90%以上で稼ぐ方法なんかは

 

サッカーやテニスでもありますが、

 

人によっては低オッズで稼ぐ方法は向かないという人もいます。

 

まさに僕はそれで、低オッズでコツコツと稼いで、

 

負けた時に一気に資金が減るという方法は

 

ストレスになってあまり向いていないと感じています。

 

なので、僕は高オッズですぐに大きな利益を出せる方法を見つけだし、

 

その方法を日々極めていっています。

 

低オッズでコツコツ稼ぐ方法なのか、高オッズですぐに利益を出せる方法なのか、

 

それだけでも利益を出せるかどうかが変わってきますよ。

 

自分に向いている賭け方を見つけてみてください。

 

賭け金は徐々に大きくしていく

 

ブックメーカーは投機的側面が強いので、

 

メンタル勝負といってもいいです。

 

メンタルを常に一定に保つためにも、

 

賭け金の調整というのは非常に大事です。

 

初心者でありがちなのが、

 

いきなり大きく賭けてしまうということです。

 

大きく賭けるというのは金額的な意味というよりも、

 

資金に対しての割合ですね。

 

100ドルからスタートして、

 

いきなり2分の1の50ドルを賭けてしまうのは危険な行為です。

 

経験上、確信があるのであれば良いのですが、

 

よく分かりもせずに元金の大半を賭けてしまうのは破滅するパターンです。

 

賭け金が大きければ大きいほど戻り金も多いわけですので、

 

稼ぎたいという気持ちが早るのも分かります。

 

ですが、安定的に稼げるようになりたいのであれば、

 

最初は少ない金額でベットをし、

 

安定的に増やせるようになってから徐々に徐々に賭け金を増やしていきましょう。

 

資産が少しずつ増えていけば、

 

賭け金が大きくなることに対してのメンタルの耐性もついていき、

 

更に資産が増えるスピードもアップします。

 

まとめ

 

ブックメーカーで儲けるコツをいくつか書いてはみましたが、結局は

 

稼げるようになるまでひたすら失敗を繰り返しながら検証していくことが

 

必要不可欠だとは思います。

 

実際に何回も何回も研究を重ねていたら、自ずと安定的に稼ぐコツというのは

 

掴んでくるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください