ブックメーカーは日本では法律的に違法じゃないの?

ブックメーカーに興味があるけど、日本でやるのは違法なのではないかと

 

心配になる方も多いと思います。

 

日本の法律的にはブックメーカーは違法なのかまとめてみました。

 

日本でブックメーカーは法律的にどうなの?

 

ブックメーカーはいわゆるギャンブルですので、よくニュースで見かけるような

 

賭博罪で捕まってしまうんじゃないかと考えてしまいますよね。

 

日本では海外とは違い、賭博行為が憲法でも禁止がされています。

 

日本の刑法185条、186条には賭博罪についてはっきりと書かれています。

 

185条

(賭博)
第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

 

186条

(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

 

このように、賭博を日本で行うと法律で罰せられます。

 

そう考えると、ブックメーカーもギャンブルだし逮捕されるじゃん!って思ってしまいますが、

 

ブックメーカーは法律的にはグレーゾーンという立ち位置に今のところなっています。

 

それはなぜかというと、ブックメーカーの胴元である会社はイギリスにあり、合法として運営されているからです。

 

胴元が合法であるのにもかかわらず、ブックメーカーに参加した側だけが処罰を受けるのは矛盾しています。

 

実際、ブックメーカーをやって逮捕された人は今のところ出ていません。

 

オンラインカジノに参加して逮捕された日本人は無罪に

 

2016年3月10日に日本で初めて、海外オンラインカジノに日本国内から参加した日本人プレイヤー

が逮捕されるというニュースがありました。

 

オンラインカジノの話ではありましたが、このニュースでブックメーカーも逮捕されるんじゃないかと不安になった人もいたかと思います。

 

しかし、この事件には続きがあって、2017年に裁判によって不起訴、つまり無罪という結末に終わりました。

 

海外の胴元が合法にも関わらず、ユーザーだけを処罰する不当性を検察側も認め、不起訴(無罪)としたようです。

 

今回は海外のオンラインカジノに関する事件でしたが、関連性が高いブックメーカーにも当てはまることです。

 

絶対に海外のブックメーカーに参加して処罰をされないということは断言できませんが、罪に問われるようなことがない可能性が一気に高まった事例になったのは間違いありません。

 

カジノ法案の成立でブックメーカーも将来的には合法に?

 

日本でカジノができるという話が進められているのはニュースでもご存知の方も多いかと思います。

 

カジノ法案が可決され、どんどん日本でカジノが合法的に運営される話が進んでおり、

ブックメーカーもグレーゾーンではなくなる可能性がでてきました。

 

まだどうなるかは国会での審議の進展によって変わってくるので分かりませんが、

ブックメーカーをやる環境が整ってくると僕は思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください